☆★☆★☆★☆★
ライフ
ランキング
人気急上昇ランキング! ライフ
☆★☆★☆★☆★
サイト運営者様必見!
ドンドン参加してね!

%%ライフ%%

ライフ(LIFE)は本田技研工業が生産、発売する軽自動車である。
1970年代に生産された初代は、2ボックス型のセダンと、バックドア(ハッチバック)を持つワゴン / バンの設定があり、同じプラットフォームを使う派生車種として、セミキャブオーバー型バンのライフステップバンとピックアップトラックのライフピックアップがあった。
 

▽ライフの歴史▽


初代(1971-1974年 SA型)
1971年6月1日
NIII 360の後を継ぐ形で登場。新設計の360cc 直列2気筒 SOHC バランサーシャフト付4サイクル 水冷エンジンを搭載し、それまでのホンダの軽自動車と比べ、ファミリーカー(大衆車)として快適性に磨きをかけていた。また、ホンダ初の4ドアの採用でもあった。

1972年5月1日
ロングホイールベースの車体にツインキャブ仕様エンジンを搭載した「ツーリング」を追加。

1972年9月20日
ライフステップバン発売。現在の軽トールワゴンと同様のパッケージングを具現化。
 
1974年
Zと共に製造終了。これにより、ホンダは軽乗用車市場からトゥデイ発売まで一旦撤退する。 エンジンとトランスミッションを直列に横置きしたいわゆるジアコーザ式レイアウトを採用し、エンジンもN360と同様の直列2気筒ながら、空冷から水冷へと変更されたことで、油臭や暖房能力の不足も解消され、快適性が大幅に向上した。翌年に発表されたシビックとの共通点も多く、その後のホンダ製乗用車の基礎が確立された時期のモデルでもある。また、ライフは日本で最初にエンジンにタイミングベルトを採用した自動車でもある。 販売期間が4年未満と短いが、初代シビックの世界的なヒットにより、工場をシビックの生産に傾注させるため、ライフの生産を打ち切る英断がなされたためであった。これには、軽自動車への車検の義務化や保安基準が新しくなったことにより、小型乗用車との価格差が縮まり、価格的なメリットが薄れ、軽乗用車市場が縮小していたという側面もあった。シビックの最廉価グレードが40万円前半であったのに対し、ライフは最終的には最も安いグレードでさえ35万円を超えるようになっていた。 4ストローク2気筒エンジンに一次振動を消すバランスシャフトという組み合わせは、中村良夫が東急くろがね工業時代に特許を取ったものであり、ライフ発売後、他社からも同様のエンジンを搭載した軽乗用車が販売された。
 
 
2代目(1997-1998年 JA4型)  
1997年4月18日
「ライフ」の名を復活。4月27日より販売された。 パワートレインやシャシなどの基本コンポーネントは、2代目トゥデイとほぼ同一で、トゥデイのトールワゴン版として登場し、「ステップバン」の再来と言われた。型式はJA4で、軽自動車法改正前の暫定的モデルであった。 エンジンは、E07A型 660cc 直列3気筒 SOHC 12バルブ PGM-FI仕様のみ。トランスミッションは、5速MTと、トゥデイのギア比を見直した3速ATである。 装備も充実が計られ、運転席SRSエアバック、熱線吸収UVカットガラス、抗菌ステアリング 等が標準装備され、ABSが全車にオプション設定された。
 

無料出会い系サイト 出会いDestiny(出会い)
©DAIHATU


新着サイト



ランキング参加者募集中!!
是非登録してね!

Total: 3045

サイト運営
登録 | 変更
お問い合わせ

【管理者編集】


無料レンタルランキング
@RankS